前へ
次へ

相続税対策に向く土地活用法とは

近年、相続税対策に土地活用を検討する人が急増しています。
相続税はもともと資産家に対する税金でしたが、土地は高額になるケースが多いため規模や立地によってはほとんどの場合で相続税の対象となります。
思いもよらない高額納税になってしまう場合は、「税金の優遇が受けられる住居系建物建築による評価額の引き下げ」を検討しましょう。
内容は、賃貸アパートや賃貸マンションの経営、老人ホームやサ高住経営の2つです。
賃貸住宅経営は、土地に賃貸アパートや賃貸マンションなどを建築して一般へ貸し出す土地活用法です。
自己管理、一般管理、サブリースなどがあり、それぞれにメリットデメリットがあります。
賃貸住宅経営は、住居系建物建築による土地活用で考えれば最も手軽な方法です。
相続税対策なら、まず検討すべき方法と言えるでしょう。
利回りは立地ごとに大きく変わるため一概に言えません。
平均的に5?15%程度の利回りが期待できると言われますが、まずは信頼できる業者に相談するのがよいでしょう。

棟方志功 作品

初めて英語を習う方でも安心して通えるスクールはこちら
常時2名いる講師の先生は来日15年以上のベテランのため、日本語もとても上手なので安心してレッスンに通えます。

オフィスエイジア
アリバイ会社オフィスエイジアの在籍対応は、業務提携の司法書士がいますのでご安心ください。お気軽にご相談ください。

美術品のことなら東京のギャラリー双鶴へ

老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、高齢者が介護を受けながら住むことを目的として、介護事業者や不動産業者が建物を一括借上する形です。
一般賃貸住宅と違い社会福祉の側面が強いため、社会への貢献性は非常に高い事業です。
ただ、事業化するには運営事業者とあらかじめ共同して計画をする必要がありますし、種類によっては自治体の開設許可が必要な場合もあります。
手軽とは言えませんし、数億円の投資が必要なためデメリットもありますが、社会性があり比較的高利回りが期待できるのでそこはメリットです。
いずれにしても、よほど土地活用に精通している人でない限り、専門家から複数の意見を聞くのがよいでしょう。
素人が手に負える規模ではありませんし、税金が高額になるため慎重に計画する必要があります。
信頼できるパートナーを探すためには、直接不動産会社に電話をするよりも、まずは資料請求サービスを利用して連絡を待つことをおすすめします。

Page Top