前へ
次へ

土地活用の賃貸経営には大きな節税効果がある

遺産相続などで突然不動産を入手される人達は大変多いです。
それが新しい建物であれば良いのですが、大抵は住むことができないような古い民家ということになります。
長い間人が住んでいないので空き家状態となっています。
空き家は放置しておくと倒壊して第三者にケガを負わせる可能性もあります。
できるだけ早急に取り壊して更地にしておくのがよいことです。
ここに一つの問題があります。
建物を取り壊して更地にしておくだけでは、毎年固定資産税を支払うだけの厄介なものとなります。
ここは土地活用をしたいものです。
土地活用でおすすめはアパートやマンションなどの賃貸経営です。
更地にアパートやマンションなどを建設して賃貸経営をすると、すぐに大きな節税効果を確認することができます。
具体的には土地の固定資産税が1/6までに軽減されます。
さらに建物の固定資産税が1/2に軽減されるということです。
首都圏にお住まいの方達に見逃せないのは都市計画税ではないでしょうか。
更地に賃貸物件を建設するだけで都市計画税が1/3に減額されます。

Page Top