前へ
次へ

これから土地活用をするのなら賃貸物件の建設

土地活用は大きな節税対策につながります。
それではどんな土地活用をしてもそれが節税対策に繋がるのかといえばそれは違います。
更地に賃貸物件を建設すれば固定資産税や都市計画税が大幅に減税されます。
さらに更地に賃貸物件を建設することで土地の評価額を20%ほど下げることができます。
土地の評価額が下がるということは相続などの時に有利な条件となります。
その他事前に申請しておくだけで消費税の払い戻しなどの特例もあります。
これらの優遇税制を見逃す手はありません。
注意すべきは更地に駐車場を建設する場合です。
基本的に駐車場の建設では、固定資産税や都市計画税の優遇措置がありません。
それから相続税についても、原則として土地の評価額を下げることができません。
つまり更地に駐車場を建設してしまったら、もうそれで税制上の優遇措置が受けられなくなくなってしまうということです。
こういう観点から、これから土地活用をされる方には、断然賃貸物件の建設をお勧めいたします。

Page Top